iPhoneとAndroidスマホ結局どっちにすべきなのか?

その他
Pocket

皆さんはiPhoneとアンドロイドスマホでどちらが良いのか考えた事ありますか?

機種変更する時に迷われる方もいるかと思います!

実際本ではiPhoneのシェア約6割を占めており圧倒的です!

世界的に見てもiPhoneがシェアの約4分の1を占めています。

詳しくは↓のリンクからシャア率が纏められているサイトに行けるのでそちらご覧ください。

iPhoneシェア率が異常!世界と逆をいく日本のスマホ市場【2020年9月】

今回はInnovative Oneの独断と偏見でAppleとアンドロイドのメリットとデメリットを纏めました。

皆さんが機種変更する際の参考にして頂ければ嬉しいです!

それではいきましょう!

iPhone

iPhone

メリット

シンプルな操作性

iPhoneの魅力は何と言ってもシンプルな操作性です!

iOSはAndroidOSに比べて使用者が直感的に操作ができるように設計されています。

そしてヌルヌルとした操作性も何と言っても売りの一つでしょう!

これらの操作性は手順などを意識する事が無い為、ストレスを感じずに動かす事ができます。

そして思った通りにアプリの起動やカメラの起動ができる為操作している際に快感すら感じる事ができるのです!

こう言った使用者を第一に考えた設計がiPhoneを唯一無二のものにしているんだと思います。

ノンストレスで直感的でシンプルな操作が可能

セキュリティーが堅牢

iPhoneはユーザー第一に作られているので個人情報のセキュリティーも堅牢に作られています!

これはAppleが個人情報の取り扱いに力を入れているからという事もありますが、大きな特徴としてはダウンロードできる窓口がApp Storeしか無いという要素が大きいでしょう!

その上App StoreはAppleが厳正に管理をしており厳しい審査を通過した安全性の高いアプリしかリリースされない為ほとんどウィルスが侵入する隙がありません!

こう言った面でAppleのセキュリティーが強いと言われるのです!

またiPhoneに保存されている写真や登録されたクレジットカード情報なども高度な暗号処理を施される為流出する危険性が低い点でもセキュリティー面での強さが伺えます。

セキュリティーは堅牢で安心

古い機種でも最新のOSが更新できる

iOSは基本的にiPhoneの為に作られているOSなので最新機種でなくとも最新のOSが更新可能な事です!

現時点で最新となっているiOS14はiPhone SE 第1世代まで更新が可能となっています。

iPhone SE 第1世代は2016年3月に発売されているので4年前の機種まで遡る事ができます。

そしてこの4年間の間に発売されているiPhoneならiOSの更新に対応しますから安心して長く使い続ける事ができるのです!

古い機種でもOSの更新に対応している

デメリット

ホーム画面などのカスタマイズ性が低い

iOSのカスタマイズ性の低さはよくデメリットとして挙がります。

特にホーム画面のアプリの配置は一定の配列の中でしか動かせないのでAndroidユーザーが不満に思う要素の一つになります!

iPhoneのホーム画面のアプリの配置は洗練されてはいますが、その分自由度が少ないというのが弱点となってしまいます。

カスタマイズの自由度は低く、時より窮屈に感じる

値段が高い

昨今スマートフォンの価格競争は激化しています。

その中でもiPhoneは高い部類のスマートフォンになるでしょう。

もちろん最近は廉価版であるiPhone SEがバージョンアップし、安いながらに最新のチップを搭載した事が話題となりました!

それでもAndroidの機種は様々な企業が参入するので非常にコスパの良いハイスペックな機種が多数あります!

最近は中国メーカーの台頭で20,000円台でハイスペックな機種もあったりと価格破壊とも言える事が起こっています。

こう言ったスマホと比べるとやはりiPhoneは高いと言えるでしょう。

価格の面でiPhoneを敬遠する人も多く居そうですし、価格がもしかしたら最大のデメリットになり得るのかもしれません。

価格の高さがiPhoneの最大のデメリット

SDカードが入れられない

iPhoneはSDカードの挿入口がなく対応していない為、SDカードを使う事ができません。

これは容量を自由に変える事を出来ない事を意味しているので容量の多いモデルが欲しい方は必然的に高いモデルを買うしかありません。

これは必然的に値段の高いモデルを買うしかなくなるのであまりコストを掛けたくない人は敬遠しがちになってしまいます。

これがiPhoneの値段が高いイメージと自由度が低いイメージを先行させてしまうのかもしれません。

SDカードを使わないことがIPhoneを使う上での前提条件

Androidスマホ

Androidスマホ

メリット

カスタマイズの自由度が高い

Androidの強みの一つと言えば何と言っても自由度が非常に高い事でしょう!

特にホーム画面の配置の自由度が非常に高いので壁紙のデザインを意識した配置に変える事もできます。そしてウィジェットのカスタマイズも可能なので検索バーやアナログな時計などを自分好みに配置ができます!

こう言った自分だけの唯一無二のスマホにできる事がAndroidの魅力になります!

カスタマイズの自由度の高さがAndroidのセールスポイント

値段が安い

先ほどのiPhoneのデメリットの逆でAndroidケータイは非常に安いです!

確かにハイエンド機種ではiPhoneと同等の価格になってしまいますが、コスパの良い機種が多数揃っているので、安く性能の高い機種を手に入れる事ができます!

やはり安さがAndroidスマホの強みです。

最近の中国製スマホの性能は格段に上がっているので選択肢に入ってくると思いますしそのスペックをチェックするのも楽しいです。また、Androidスマホの楽しみはどこのメーカーがどんな機能でどの位安く発売してくるのかをチェックするのも楽しみ要素の一つになります。

値段の安さはAndroidスマホの最大の武器

様々なメーカーが参入している

Androidスマホは様々なメーカーが参入しているので機種それぞれに特色があります!

例えばカメラ機能を重視してレンズが複眼になっていたり、ゲームプレイに特化したスマホがあったりと多種多様にあります

こう言った細かいユーザーニーズを意識した機種が用意されているのもAndroidスマホの強みでしょう。

iPhoneはマルチに使えるように作られいるの対しAndroidスマホは尖った個性を持っている機種が多く用意されているのが特徴となっています。

この特徴がAndroidの根強い人気を支える要因の一つになっているのだと思います。

多種多様なスマホを手に取ることができる

SDカードの挿入ができる

AndroidスマホはSDカードの挿入に対応しているので容量を自由に多くする事ができます!

これによって容量を気にする事なく使えますので、写真をたくさん撮ることができます。

やはりSDカードを使いたいというニーズは一定数あると思うのでありがたい仕様です。

容量の上限を自由自在に変える事ができる

デメリット

操作性が直感的ではない

Androidスマホの最大のデメリットは操作性だと思います。

これはおそらくAndroidスマホが最初に出始めた頃の機種を使った人がAndroidスマホは操作性が悪いという先入観を根強く持ってしまったことが原因かもしれません。

現在ではAndroidスマホでもサクサクヌルヌルの操作を味わうことができますが、最初にiPhoneがサクサクヌルヌル動くというブランディングを成功させてしまった為にAndroidは未だに操作性が劣ると思われる要因になっています。

また、iPhoneに比べて自由度が高すぎる為かえって使いづらい印象を与えいるのではないでしょうか!

玄人向けというイメージがついてしまいがちなのも自由度の高い操作性がデメリットになってしまう要因の一つかもしれません。

操作性に差は無くなってもブランド力で差がついている

結局iPhoneとAndroidどちらを選べば良いのか?

iPhoneとAndroidスマホ

これはAppleが好きなのか嫌いなのか、価格安ければ良いのかによるところだと思います。

Appleが好きならばiPhone買うと思いますし、嫌いならばAndroidを選ぶと思います。

また価格を優先するならAndroidになってしまうでしょう。

最後に決めるのは自分自身となってしまいますが、機種変更をする際は自分のライフスタイルにあうスマホを選ばれるのが良いのではないかと思います。

最近ではiOSがAndroidの機能に寄せてきているので今後機能性は更に変わらなくなってくると思います!その際に自分はどちらのOSの機種がストレスなく使い続けられるのかを考えれば自ずと答えが出てくるのではないでしょうか。


Amazon
その他
スポンサーリンク
イノベ貴男・イノベ凛子をフォローする
INNOVATIVE ONE BLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました