Apple Watch全シリーズを徹底解説~君はどれを着けたい?

Apple
Pocket

皆さんはApple Watchを使っていますか?

最近はApple Watchシリーズも年を経る事にナンバリングが増え性能も上がっています。そして巷でもApple Watchを身に付けている人が増えてきました。

けれどApple Watchシリーズのそれぞれがどんな性能なのかよく分からないという方は多いと思います!そこで今回は現行のApple Watchシリーズを解説しました!これであなたもApple Watch通になる事間違い無しです!

またApple Watchを買うべき理由をまとめた記事を↓にありますのでご興味がございましたら是非ご覧下さい!

買うべき理由

それではやっていきましょう!

Apple Watch Series 3

Apple Watch 3

スペック

・モデル:アルミニウムケース(シルバー、スペースグレイ)

・42mm 38mm

・GPS + Celluraモデル/GPSモデル

・チップ:W2 Appleワイヤレスチップ

・気圧高度計

・光学式心拍センサー

・加速度センサー

・ジャイロスコープ

・ストレージ:8GB

・ディスプレイ:Retinaディスプレイ

・複合材裏蓋

・Wi-Fi(802.11/g/n 2.4GHz)

・バッテリー:最大18時間

・耐水性能:50m耐水性能

・価格:21,780円~

引用:Apple公式サイト

特徴

Apple Watch Series 3は現行のApple Watchの中で一番安いモデルとなっております!

発売日は2017年9月22日と現行のシリーズで一番古いApple Watchなので性能面では最新機種には劣ります。そしてディスプレイの常時表示機能がないのも大きな特徴となります!

けれど常時表示はしませんが手首を回転させると画面が点灯する仕様になっておりますので画面などをタッチせずに時間を確認できます!

一番安いApple Watchが欲しいという方向けの商品となります!

イノベ貴男
イノベ貴男

現行の機種で一番古い商品なので一番安いのですが機能面では一番劣っているので買い換えるならSeries 5以降のApple Watchを選んだ方が良いかもしれません。

一番安いが性能も一番低い

Apple Watch Series 5

Apple Watch 5

スペック

・モデル:アルミニウムケース(シルバー、スペースグレイ、ゴールド)

ステンレススチール(シルバー、スペースブラック、ゴールド)

     チタニウム(チタニウム、スペースブラック)

セラミック(ホワイト)

・44mm 40mm

・GPS + Celluraモデル/GPSモデル

・チップ:W3 Appleワイヤレスチップ

・気圧高度計

・光学式心拍センサー

・加速度センサー

・ジャイロスコープ

・ストレージ:32GB

・ディスプレイ:常時表示Retinaディスプレイ

・セラミックとサファイアクリスタル裏蓋

・Wi-Fi(802.11/g/n 2.4GHz)

・バッテリー:最大18時間

・耐水性能:50m耐水性能

・価格:41,579円~

特徴

Apple Watchシリーズで初めて常時表示機能が搭載さえれたモデルになります!このモデルからApple Watchの腕時計としての実用性が格段に増し、多くの人にApple Watchへの関心を持たせる要因よ作った一台だと思います。

Apple Watch Series 5は常時表示以外で目立った機能は特にございませんが、ワークアウトからビジネスや日常使いまで幅広く使えるようになった事からスマートウォッチの中で不動の地位を確立しました!

最新機種ではなく型落ちでスペックの良いApple Watchが欲しいと思っている方はApple Watch Series 5を選ばれると良いと思います!




イノベ貴男
イノベ貴男

Series 5はApple Storeの商品項目から消されているので買うなら早めに買った方が良いでしょう!次に説明するSeries 6と機能性があまり変わらないので型落ちになって安くなっているうちに買った方が良いかもしれません!

常時表示機能搭載機では一番コスパが良い

Apple Watch Series 6

Apple Watch 6

スペック

・モデル:アルミニウムケース(シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ブルー、レッド)

ステンレススチール(シルバー、スペースブラック、ゴールド)

     チタニウム(チタニウム、スペースブラック)

セラミック(ホワイト)

・44mm 40mm

・GPS + Celluraモデル/GPSモデル

・チップ:W3 Appleワイヤレスチップ

・気圧高度計

・光学式心拍センサー

・加速度センサー

・ジャイロスコープ

・ストレージ:32GB

・ディスプレイ:常時表示Retinaディスプレイ

・セラミックとサファイアクリスタル裏蓋

・Wi-Fi(802.11/g/n 2.4GHz)

・バッテリー:最大18時間

・耐水性能:50m耐水性能

・血中酸素ウェルネスアプリ

・価格:47,080円~

特徴

Apple Watch Series 6も常時表示機能搭載モデルとなりますので日常使いからビジネスまで幅広く使う事ができます!更に心拍の計測などの従来の機能に加えて血中酸素の計測もできてしまいますので健康志向の方にはおすすめです!

またカラーバリエーションが豊富なのでファッション性を気にされる方もApple Watch Series 6を選んだ方が普段使いで更に楽しむ事ができると思います!

けれど血中酸素計測機能が要らないという方は他の機能面で変わらないApple Watch Series 5を選んだ方がコスパが良いかもしれません。

最新機種の割りに本体のスペックがあまり前モデルから向上していないのが特徴と言えるかもしれません。

イノベ貴男
イノベ貴男

Series 6は機能面ではSeries 5とあまり変わらない機種となります!販売価格はSeries 5の販売時より下がっているのでその点は消費者優しいと思います。

最新機種だが目立った機能がなく前モデルとあまり変わらない

Apple Watch SE

Apple Watch SE

スペック

・モデル:アルミニウムケース(シルバー、スペースグレイ、ゴールド)

ステンレススチール(シルバー、スペースブラック、ゴールド)

     チタニウム(チタニウム、スペースブラック)

セラミック(ホワイト)

・44mm 40mm

・GPS + Celluraモデル/GPSモデル

・チップ:W2 Appleワイヤレスチップ

・気圧高度計

・光学式心拍センサー

・加速度センサー

・ジャイロスコープ

・ストレージ:32GB

・ディスプレイ:常時表示Retinaディスプレイ

・セラミックとサファイアクリスタル裏蓋

・Wi-Fi(802.11/g/n 2.4GHz)

・バッテリー:最大18時間

・耐水性能:50m耐水性能

特徴

Apple Series SEの特徴はApple Watch Series 3の機能のまま画面サイズが40mmと44mmになったと言った所でしょう。常時表示機能は搭載されておらず血中酸素を計測する機能も搭載されていないのでApple Watch Series 4以前のモデルとあまり変わらないかもしれません。

また常時表示はしませんが手首を回転させると画面が点灯する仕様になっておりますので画面などをタッチせずに時間を確認できます!

コスパを優先するならこの機種かApple Watch Series 3を買った方が良いかもしれません。

イノベ貴男
イノベ貴男

Apple Watch SEは正直コスパが良いかは人それぞれの感じ方だと思います。常時表示機能が無いのは現行のApple Watchの中でどうしても大きなデメリットになってしまうので購入される場合はその点を考慮した方が良いかもしれません。

コスパは良いかもしれないが常時表示機能が無いのが大きなデメリットかもしれない

どのモデルを買えば良いの?

悩む

今買うべきならSeries 5がコストパフォーマンスが良く値段も手頃だと思います!なおSeries 5はApple Storeの商品項目から消されているのでいつ在庫がなくなってもおかしくない状況だと思われます。買うなら早めが良いでしょう!

Series 6は最新機種でカラーバリエーションが豊富なので最先端の物が欲しいだとかファッション性を重視される方におすすめです!

SEについては常時表示にこだわるか拘らないかだと思います!拘られる方はSEを購入しない方が良いでしょう!

皆さんがこれが良いと思う物を買われるのが一番だとい思います!

Amazon
Apple
スポンサーリンク
イノベ貴男・イノベ凛子をフォローする
INNOVATIVE ONE BLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました